原発開放隅角緑内障の有病率

Global variations and time trends in the prevalence of primary open angle glaucoma (POAG): a systematic review and meta-analysis

本報告は、過去81編の研究(37カ国、216214人の対象者、5266人の原発開放隅角緑内障例)をまとめたものですが、原発開放隅角緑内障の有病率は、人種では黒人が最も多く、60歳で5.2%、80歳で12.2%であり、男性は女性より有病率が高かったとのことです。また、全世界の有病率は2.2%と推測されるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*