OHTS calculatorの有用性

前述したOHT Calcというapplicationは、OHTS calculatorという数式が元になっております。この数式を用いて、他の大規模studyに当てはめた場合、きちんと予測できたという報告が最近なされました。とはいえまだ改良の余地があるようです。Aという集団を基に疾患の有無を判別する数式を作成した時に、他のB、Cという集団にその判別式が使えるかということに対しては、複雑な統計学的手法を用いなければなりません。今後改善された数式が出るのではないかと期待しています。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24357494

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*