i phoneアプリによる加齢黄斑変性の発症予測

年齢、性別、教育レベル、人種、喫煙歴、眼底の色素異常、ドルーゼンの状態をデータとして入力すると、今後10年間に加齢黄斑変性発症を予測できるi phoneアプリが開発され、感度87.6% 、特異度73.6%の診断力があったという報告がなされました。

http://www.aaojournal.org/article/S0161-6420(14)00047-5/abstract

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*