高齢者の眼の健康を保つために

米国眼科学会によると、米国では65歳以上の6人に1人が、眼鏡などによっても矯正不能な視力障害を持つことを示唆しています。高齢者が視力を保ち、健康で自立した生活を長く続けられるよう、米国眼科学会では次の7項目を勧告しています。
 (1)65歳になったら、眼科健診を1-2年に一度受ける。
 (2)読み書きや運転、テレビ視聴などに支障が出る、物をなくす、物にぶつかる、足を踏み出すのを恐れる、何かを見る時に頭を傾げるといった、視力低下の徴候を知る。
 (3)眼の健康に役立つ栄養素(ビタミンCおよびE、亜鉛、ルテイン、ゼアキサンチンなど)を含む健康な食生活を送る。
 (4)たばこは吸わない。喫煙は白内障、加齢黄斑変性などのリスクを高める。
 (5)血圧、コレステロール、血糖を正常値に保つ。
 (6)定期的に運動する。
 (7)戸外では紫外線100%カットのサングラスを使用する。

http://www.aao.org/newsroom/release/academy-urges-sight-saving-habits-for-older-adults-help-maintain-independence.cfm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*