近視と人種

アジア人に近視が多いことはいくつかの報告がなされています。しかしながら、本当に人種によるものか、環境因子も関与しているのかを証明することは困難です。

本報告はロスアンジェルスに住む(すなわち同じ環境下にいる)未就学児の屈折を多数令で人種毎に比較したもので、やっぱりアジア人に近視が多かったというデータです。

ただし、例えば「アジア人が近業時間が長い」かもといったバイアスが排除されてはいないので、本当に人種が関係しているのかは未だ不明と思われます。

 

 

http://www.aaojournal.org/article/S0161-6420(13)00576-9/abstract?refuid=S0161-6420(13)01072-5&refissn=0161-6420

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*