血中微量金属と緑内障

人体に必須である栄養素が過剰であったり、毒性のある物質が体内に多く蓄積する場合、種々の疾患を発症させることが示唆されていますが、本論文では、血中微量金属と緑内障との関係を調べた結果、血中マンガン濃度とは負の、水銀濃度とは正の相関があり、これらの結果は、緑内障の病態解明に寄与されることが期待されると報告しています。

Association Between Body Levels of Trace Metals and Glaucoma Prevalence

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*