落屑症候群と日光曝露および居住地の緯度との関係について

落屑症候群は50歳以上の中高齢者の水晶体表面にふけ様の沈着物がみられ、縁内障や水晶体偏位などをおこし、高齢者の失明原因としても重要な疾患です。北欧に多い(高齢化が原因とも言われています)ことと、日光曝露が重要な危険因子と言われています。本研究では、居住地における赤道からの緯度について、1度離れる毎に11%、夏期に外出する時間については、1週間あたり1時間毎に4%、落屑症候群のリスクが高まることを示唆しています。

http://archopht.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1901215&utm_campaign=social_090414&utm_medium=facebook&utm_source=jamaophth_fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*