自動車運転と緑内障について

緑内障例では、自動車運転に伴う事故が健常例に比し高まる可能性があることについては、最近日本において優れたシミュレーションデータが発表されました。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25724982

視野障害の様式について、どの部位での障害が事故を起こしやすいかについて、この度新しい報告がありました。一般的には緑内障眼については上半視野障害は自覚症状が出にくいとされていますが、本論文によれば運転については、下半視野障害に比し、上半視野障害の方が運転技術が劣るという結果でした。

http://bjo.bmj.com/content/99/5/613.abstract

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*