緑内障治療薬を切らす割合

緑内障治療において、肝要なことの一つは、治療に対するアドヒアランスを向上させることです。緑内障診療ガイドライン(第三版)によれば、「アドヒアランスとは患者も治療方法の決定過程に参加したうえ、 その治療方法を自ら実行することを指すもの」と定義しています。アドヒアランスが不良となる一因は、緑内障治療薬を切らしてしまうことが挙げられます。

本論文では、25.4%で切らしたことがあり、その危険因子として、視力不良を挙げています。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24927769

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*