緑内障治療における長期のアドヒアランスについて

緑内障診療ガイドライン(第三版)によれば、「緑内障はきわめて慢性に経過する進行性の疾患で、長期の点眼や定期的な経過観察を要し、かつ自覚症状がないことが多いので、治療の成功には患者の協力が保たれることが必須である。(中略)アドヒアランスとは患者も治療方法の決定過程に参加したうえ、 その治療方法を自ら実行することを指すものと定義される。(中略)アドヒアランス不良は、緑内障性視神経症が進行する重要な要因の一つであるので、治療にはアドヒアランスが得られやすい薬剤を選択する、進行したときにはアドヒアランスを確認するなどの配慮が必要である。」と書かれています。

過去の報告によれば、良好なアドヒアランスを得るためには、薬物治療開始後1か月が大切であるとする報告がありましたが、長期にわたるアドヒアランスを調べた本論文によれば、4年間にわたる良好なアドヒアランスを得るために、最初の一年間が大切であると結論付けています。

Patterns of Glaucoma Medication Adherence over Four Years of Follow-Up

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*