緑内障治療における薬物併用について

緑内障診療ガイドライン(第三版)によれば、緑内障の多数をしめる原発開放隅角緑内障(広義)においては、薬物治療が治療の第一選択であり、中でも第一選択薬としては、交感神経β遮断薬またはプロスタグランジン関連薬としています。第一選択薬を用いても、薬剤の効果が不十分な場合、あるいは薬剤耐性が生じた場合は、まず薬剤の変更を考慮し、単剤(単薬)治療をめざすものの、単剤(単薬)での効果が不十分であるときには多剤併用療法(配合点眼薬を含む)を行います。

本論文では、薬物併用について調べたもので、プロスタグランジン関連薬から治療を開始した例で、実に36%の例で24カ月以内に併用療法が行われたと報告しています。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24959067

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*