緑内障性視野障害は改善するのか?

一般的には緑内障で生じた視神経障害や視野障害は不可逆的なものと考えられていますが、臨床上、改善がみられる症例も見受けられます。多くは学習効果と呼ばれる検査に対する慣れが原因と考えられていますが、本論文によると、眼圧コントロールが良好なほど、視野障害が改善するケースがみられ、緑内障性視野障害は本当に改善している可能性があることを示唆しています。

http://www.ajo.com/article/S0002-9394(14)00190-1/abstract

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*