緑内障の危険因子

アメリカ眼科学会が発行している各種疾患のガイドラインpreferred practice patternsによると、原発開放隅角緑内障(広義)の危険因子は下記としています。

・眼圧レベル ・高齢 ・緑内障家族歴 ・アフリカ系人種またはラテン/ヒスパニック系人種 ・薄い角膜厚 ・低い眼潅流圧 ・Ⅱ型糖尿病 ・近視 ・遺伝子異常

いくつの眼圧で「緑内障」と診断するかの規定はないのは、日本も同じです。代表的な眼圧計であるGoldmann眼圧計を用いた感度(緑内障患者を緑内障と診断する力)46%、特異度(正常者を正常と診断する力)95%と言われており、眼圧値で緑内障を診断することは困難と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*