緑内障における形態的異常と自覚症状について

緑内障という疾患はcontinuum(連続体)であると言われており、網膜神経節細胞の死から始まり、網膜や視神経乳頭などの形態の変化、視野障害の出現とその進行、自覚症状の出現ののち、失明に至る経過をたどります。従って、どの時点から「緑内障」であるか、は人為的に決定されたもので、一般的には標準的に用いられている視野検査で緑内障の特徴的所見が出始めた時から、と言われています。従来まで、形態と視野、視野と自覚症状との間には強い相関があるという報告が多数なされてきましたが、本論文では、網膜神経線維層厚と自覚症状との間に相関があったと報告しています。

http://archopht.jamanetwork.com/article.aspx?articleID=2089447&utm_source=dlvr.it&utm_medium=facebook&utm_campaign=feed_posts%0A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*