緑内障と睡眠時の体位について

過去に投稿させて頂いた中で、仰臥位では眼圧が上がるとか、側臥位の場合、下になった方の眼で眼圧が上がったり、視野障害が強くなったりする等という報告を紹介しました。しかしながら、睡眠をとらないという訳にはいかないので、生活指導のうえで、中々有用な助言はできませんでした。本報告では、睡眠時に20度のhead upで、夜間の眼圧上昇を防ぐことができるというもので、生活指導を行いやすい方法と思われます。

http://www.eugs.org/eng/journalclub_showjournalclub.asp?id=2323

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*