緑内障と家族歴

近親者に緑内障患者がいた場合、緑内障を発症する危険率が上がることは既に多くの報告でなされています。本論文では、健常眼において、緑内障家族歴の有無で、光干渉断層計(Optical coherence tomograph: OCT)を用いて網膜神経線維層厚や黄斑部の網膜厚を測定したところ、家族歴がある群の方が有意に薄かったと報告しています。緑内障家族歴があった場合には、早期の眼科検査が必要となります。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24782474

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*