緑内障と体位

緑内障患者さんに、「日常生活で気をつけることはありますか?」とよく聴かれます。いろいろな行為により眼圧が変動することはよく知られています。例えば仰向けになると眼圧が上がります。しかしながら「睡眠時間を短くしましょう」という訳にもいかず、通常の生活における眼圧変動以上に、緑内障治療薬の効果が勝っていると考え、「目薬をきちんとさすこと、それだけでも大変なことなのですが、一番有用です」とお答えしています。

緑内障の大家Ritch先生の名著で1996年を最後に改訂がなされていないとは思いますが、膨大な緑内障の知見を網羅していたThe Glaucomasによれば、眼圧が一番上がる体位は逆立ちです。しかしながら、一日中逆立ちをするわけではないので、あまり問題になることはないはずです。

一方、ヨガについては、最大で20mmHg 以上の眼圧変化があり、長い時間同じ姿勢をとることがあると思われ、緑内障患者さんは注意すべきと思います。

http://www.glaucoma-eye-info.com/yoga-positions.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*