硝子体手術と緑内障

硝子体手術は各種網膜疾患に対して行われる大変有用な手術ですが、術中の手術操作や術後の体位による眼圧変化、原疾患による影響、酸化ストレスが原因と推測されていますが白内障同時手術による影響などにより、緑内障を悪化させることがあると言われています。

本論文では、硝子体手術眼では、開放隅角緑内障の有病率が高かったと報告していますが、白内障手術の影響はなかったとしています。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24608670

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*