眼科的な紫外線対策につき

紫外線の曝露は電気性眼炎(いわゆる雪目)や翼状片、白内障、黄斑変性、あるいは眼科領域における癌の発症にも影響すると言われています。

米国眼科学会では、紫外線対策として、①100%UVカットのサングラスの着用、②曇りでもサングラスを着用すること、③広いつばがついた帽子の着用、④光感受性が高まるテトラサイクリンやフルオロキノロンなどの抗生物質、避妊薬、エストロゲン、イブプロフェンやナプロキセンなどの抗炎症剤の服用の制限、⑤太陽や砂、水を直接みないこと、⑥UVカットのコンタクトレンズにたよらないこと、を勧めています。

http://www.aao.org/newsroom/release/drugs-light-eyes-increase-uv-vulnerability.cfm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*