眼科未受診の緑内障患者の割合

緑内障では、一度障害された視機能が回復することはないため、早期発見早期治療が極めて重要なことです。しかしながら一般的な緑内障は、極めて緩徐に進行するため、初期には自覚症状がなく、ドックなどの検診や何かのきっかけで眼科に受診することがなければ、早期に発見することは困難と言えます。日本で行われた疫学調査においては、新規発見例が89%と極めて高いことが問題視され、眼科検診の重要性が増したものと考えられます。
シンガポールで行われた疫学調査の結果を示した本報告でも、72.1%が眼科未受診であったことを示しています。

http://archopht.jamanetwork.com/article.aspx?articleID=2301009&utm_source=Silverchair%20Information%20Systems&utm_medium=email&utm_campaign=ArchivesofOphthalmology%3AOnlineFirst06%2F04%2F2015

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*