眼科における花粉症対策について

本年の花粉飛散予測では、例年よりやや少なめとのことですが、季節性アレルギー性結膜炎は、アレルギー性結膜疾患の90%を占める重要な疾患です。治療はアレルゲンの曝露を防ぐことや抗アレルギー点眼薬の使用がメインとなりますが、本論文では、人工涙液や冷湿布の使用を組み合わせると効果的とのことでした。前者は、アレルゲンを洗い流したり、アレルゲンに対するバリアーの役割を果たしたりすることで症状を軽減し、後者は、血管を収縮させることで、かゆみの物質の放出を防ぐ働きがあるとのことです。

http://www.aaojournal.org/article/S0161-6420(13)00723-9/fulltext

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*