抗血管内皮細胞増殖因子抗体治療と緑内障について

抗血管内皮細胞増殖因子抗体硝子体内注射は、加齢黄斑変性などの新生血管が原因で生ずる重篤な眼疾患の治療に大変有用ですが、治療後に高眼圧となり、緑内障になるケースがみられます。本論文によると、緑内障になる危険因子として、注入量と、注入速度を挙げています。

http://www.ajo.com/article/S0002-9394(14)00233-5/abstract

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*