就労と視機能障害について

働くことは健康維持に大切と言われています。19849人を対象とした本論文によれば、就労していない群では、有意に視機能障害(オッズ比3.04)がみられ、特に糖尿病患者、女性、55歳より若い例では、その傾向が高かったと報告しています。ただし、視機能障害を有するために就労できない可能性も示唆しています。

http://archopht.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1888108&utm_campaign=social_071714&utm_medium=facebook&utm_source=jamaophth_fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*