小児に対する花粉症対策用の眼鏡装用につき

今年は花粉飛散量が少なく、花粉症を有する方におかれましても、症状が軽いのではないかと推測されます。

花粉症対策として、防御用眼鏡を用いることがありますが、小児の場合、外傷などによる重篤な被害が消費者庁を通じて報告されています。くれぐれもお気をつけください。

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20130221_2.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*