小児におけるステロイド緑内障の割合

局所または全身の、長期または大量のステロイド投与により、一部の症例で眼圧上昇がみられ、診断が遅れた場合には重篤な視機能障害を生じることがあります。一般的には診断が早ければ、ステロイド中止により眼圧は下降します。小児緑内障を後ろ向きに調べた本論文によると、ステロイド緑内障の比率は24%と極めて高く、特に春季カタルの治療に合併すると報告しています。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25651206

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*