学童期の近視について

北京の小学生(5-14歳)4249人を対象とした研究で、近視は36.7%にみられ、その危険因子としては高い年齢(特に10歳以上の少女)、親が近視であること、読書時の姿勢、読書時の距離が20cm未満、3時間以上の自宅学習、1時間以上の連続した学習、教科書以外に読む本の文字の小ささがあげられるという報告がありました。

Prevalence of and factors associated with myopia in primary school students in the Chaoyang District of Beijing, China

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*