原発閉塞隅角緑内障における家族歴

緑内障発症の重要な危険因子として、家族歴が挙げられます。原発閉塞隅角緑内障患者の家族歴を検討した本論文によれば、実に1/3の割合で、兄弟に原発閉塞隅角緑内障患者がいて、逆に兄弟に原発閉塞隅角緑内障患者がいた場合、いない場合と比べて発症率は10倍であったと報告しています。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24974379

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*