医院沿革

昭和8年長岡市玉蔵院(現在の東坂之上町)にて初代院長八百枝 文(やおえだ ふみ)により眼科八百枝医院開業

昭和20年長岡大空襲により焼失、その後現在の地に移転開業

昭和50年八百枝 浩(やおえだ ひろし)が二代目院長に就任

平成20年八百枝 潔(やおえだ きよし)が三代目院長に就任

平成26年6月やおえだ眼科として移転開業予定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*