加齢黄斑変性と食物

加齢黄斑変性は、欧米を始め、本邦でも失明原因の上位を占める重要な疾患です。その発症および進行に食生活が関連することが知られています。本論文では、果物、野菜、鳥、ナッツ類を多く摂取すると発症率が低く、赤身の肉を摂取すると発症率が高かったと報告しています。

http://www.aaojournal.org/article/S0161-6420(14)00009-8/abstract

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*