加齢黄斑変性とサプリメント

加齢黄斑変性は、欧米では高齢者の失明原因の第一位に挙げられ、日本人も徐々に有病率が増加している眼科的に重要な疾患です。症状としては、中心がかすんだり暗くなったりする、色覚やが低下する、明暗の差が分かりにくくなる、人の顔が判別しにくくなる、真っ直ぐな線がゆがむ、物の大きさに左右差がでる、などがあります。加齢黄斑変性には萎縮型と滲出型があり、後者は抗血管内皮増殖因子抗体の硝子体内注射の有効性が示されていますが、前者は残念ながら有効な治療法がないと言われています。しかしながら、ビタミンC、ビタミンE、ルテイン、ジアキサンチン、酸化亜鉛などのサプリメント服用により、病期の進行を抑えることが示されています。

本論文では、ルテインとジアキサチンが特に有効であると報告しています。

http://archopht.jamanetwork.com/article.aspx?articleID=1788227&utm_source=dlvr.it&utm_medium=facebook&utm_campaign=feed_posts%0A

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*