傍中心暗点を有する緑内障眼の特徴

緑内障治療において大切なことの一つは、患者さんが如何に自覚症状がない状態で一生をすごしてもらうか、ということです。視神経障害や視野障害は不可逆的なものであり、そのため早期発見早期治療が大事になりますが、なかでも傍中心暗点を有する患者さんは自覚症状を起こしやすいため、なおさら早期発見が大切になります。

本論文は傍中心暗点を有する緑内障患者さんの眼底所見を、他眼と比較したものです。両眼とも眼圧が同じであっても、傍中心暗点を有する眼では、より強い視野障害があり、乳頭出血(特に正常眼圧緑内障で、視神経障害、視野障害が生じる前にみられる眼底所見)が多く、網膜神経線維層欠損の幅が広く、網膜中心動静脈の幹がより垂直方向に移動しており、多変量解析では、この幹が水平垂直方向に移動していた、と報告しています。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24595065

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*