不同視弱視についての論文につき、院長が共同執筆者を務めました

低濃度アトロピン点眼が学童の近視化を抑制するという報告はいくつもあり、ただ、そのメカニズムは不明な点があります。一つの仮説として、脈絡膜厚がアトロピン点眼により肥厚するために、結果として眼軸長が短くなり、近視化が抑制されるという報告がいくつか散見されます。一方、不同視弱視眼においては、反対眼よりも脈絡膜厚が厚いという報告もあります。
この度、不同視弱視患者に対し、両眼にアトロピン点眼を行ったところ、健常眼に比し、患眼では、脈絡膜厚の肥厚の度合いが小さいことを証明した報告が、川崎医科大学の三木淳司教授の教室からなされました。院長はデータ解析の一部を担当しました。
Changes in Choroidal Thickness and Structure Induced by 1% Atropine Instillation in Children With Hyperopic Anisometropic Amblyopia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*