ビタミンDと緑内障

緑内障に有効なサプリメントについては沢山の報告があります。しかしながら、それらの多くは作用機序が不明であったり、統計学的検討が十分でなかったりで、決め手に欠けるところがあります。

本論文では、ビタミンDの欠乏と緑内障との間に相関があったとしています。しかしながら、多変量解析においては、交絡因子の関係などで、研究によっては、逆の結果がでることもありますので、今後の研究が待たれます。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24476947

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*