ビジョンバンについて

東日本大震災発生直後、宮城県眼科医会が中心となり、震災被災者への高いレベルでの眼科医療支援を提供する目的で、眼科医療支援車両「ビジョンバン」が運行されました。その後も眼科健診車両として、現在でも東北地方を中心にビジョンバンは活躍しています。

http://www.visionvan.jp/index.html

本論文では東日本大震災発生後の宮城県におけるビジョンバンの活躍を報告しています。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24809415

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*