眼底像から推定視野の作成を試みた論文につき

新潟大学眼科の後輩の論文に、院長が共著者として名前を載せて頂きました。研究内容は最新の光干渉断層計から得られた眼底の「en-face画像」を視野検査の測定点を対応させて、網膜神経線維層欠損の有無を判定、そこから手間のかかる視野検査の代わりに「推定視野」を作成するという内容です。 Estimation of the central 10-degree visual field using en-face images obtained by optical coherence tomography

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*