3歳児の瞳孔径と屈折につき

新潟医療福祉大学視機能学科長前田史篤先生のご厚意により、同助手である多々良俊哉先生の論文校正のお手伝いをさせて頂きました。静岡県藤枝市の3歳児検診で得られた、参加率95%強で1000名強の瞳孔径と屈折の基礎的データが示された論文です。日本人における今後の弱視治療のベースになりうる論文です。 Refraction and pupil diameter in 3-year- and 1-month-old children as measured by Spot Vision Screener

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*