弱視眼の黄斑部無血管領域につき

川崎医科大学の眼科学教室1の三木 淳司 教授のご厚意により、研究のお手伝いをさせて頂いた論文が共著者としてpublishされました。 弱視眼の黄斑部無血管野の面積は反対眼と比して小さい可能性があるという報告がいくつかあったのですが、倍率補正を試みたところ、有意差を認めなかったという報告です。 ご興味ありましたら、ご一読頂けると幸いです。 https://bmcophthalmol.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12886-019-1177-z

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*