CASIA2導入につき

この度、新しい前眼部光干渉断層計である、CASIA2を導入しました。本装置は、眼球前部の構造を詳細に解析することが可能な検査機器です。主な検査内容として、トーリック眼内レンズや多焦点眼内レンズの度数計算、不正乱視や円錐角膜の観察、ハードコンタクトレンズのベースカーブの計算、更には360度の隅角観察が可能であり、閉塞隅角緑内障を含め、種々の緑内障の診断、治療に有用な検査機器です。各種疾患において、より精度の高い診断、治療が可能であると期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*