眼圧を家庭内で測定する新しい方法について

緑内障診断および治療において、眼圧測定は必須の検査ですが、眼球壁を介して眼球内の圧力を測定する必要があるため、一般的に検査は医師または医療従事者によって行われます。家庭でも眼圧が測定できるように近年種々の検査機器が開発中です。方法としては、コンタクトレンズの使用や空気または低侵襲の針状の物質を眼球に噴出させる方法、何らかのインプラント素材を眼球内に装着させる方法が研究または臨床応用されており、一部は診療所で計測される眼圧値に近い値を得られることが確認されています。 http://www.hsc.nihr.ac.uk/diseases/glaucoma-apr-2013/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*