糖尿病網膜症に対する薬物治療

糖尿病網膜症は、失明原因の上位を占める重要な疾患で、治療法としては、血糖コントロールのほか、レーザーや抗血管内皮増殖因子剤硝子体内注射、硝子体手術などが挙げられます。しかしながら、点眼や内服などの薬物治療においては、あまり有効な方法は知られていません。本論文では、高脂血症治療薬である、フェノフィブレートが特に初期網膜症患者の病期進行抑制に有用である可能性を示唆しています。 http://www.aaojournal.org/article/S0161-6420(14)00623-X/abstract

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*