加齢黄斑変性と喫煙

加齢黄斑変性とは、年齢を重ねるとともに、ものを見るために大切な網膜の黄斑部の下に老廃物が蓄積し、直接あるいは間接的に黄斑部が障害される疾患で、重篤な視機能障害を生ずることがあり、我が国の失明原因の第4位を占めると言われています。本疾患では食生活などの生活環境が発症または病期の進行に関連することがわかっています。本論文では、病期の進行に喫煙が関係していることを報告しています。 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24953792

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*