網膜静脈分枝閉塞症の危険因子

網膜静脈閉塞は何らかの原因により網膜静脈の血流が途絶え、視力低下や変視症を引き起こす眼科的に重要な疾患です。本症発症の危険因子として、高血圧は従来から言われていましたが、492488人を対象とした本研究においても、網膜静脈分枝閉塞症発症につき、高血圧と他の臓器障害を伴う糖尿病が危険因子として挙げられました。 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24953793

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*