サフラン抽出液による緑内障眼の眼圧下降効果

酸化ストレスは、視神経障害を惹起させるのみならず、線維柱帯細胞にもダメージを及ぼし、房水流出を悪化させ、眼圧を上昇させると言われています。本論文では、抗酸化作用を有すると言われているサフランを原発開放隅角緑内障症例に経口投与させたところ、眼圧下降効果がみられたと報告しています。サフラン抽出液の眼圧下降効果を証明した初めての報告とのことで、今後の臨床応用が期待されます。 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25319729

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*