月別アーカイブ: 2019年11月

再び院長が座長を務めた講演会が開催されました

令和1年11月15日長岡市において眼科講演会「新潟オフサルモロジーミーティングin中越」が行われました。新潟大学医歯学総合病院眼科助教 栂野哲哉先生を招聘し、「エイベリス点眼液の有用性と適正使用」という演題名でご講演賜りました。座長は当院院長八百枝が務めました。

院長が座長を務めた講演会が行われました

令和1年11月13日長岡市において第3回中越臨床眼科研究会が行われました。神奈川リハビリテーション病院眼科診療部長 久米川浩一先生を招聘し、「身体障害者福祉法の施行規制の改正とスマートサイトについて」という演題名でご講演賜りました。座長は当院院長八百枝が務めました。

3歳児の瞳孔径と屈折につき

新潟医療福祉大学視機能学科長前田史篤先生のご厚意により、同助手である多々良俊哉先生の論文校正のお手伝いをさせて頂きました。静岡県藤枝市の3歳児検診で得られた、参加率95%強で1000名強の瞳孔径と屈折の基礎的データが示された論文です。日本人における今後の弱視治療のベースになりうる論文です。 Refraction and pupil diameter in 3-year- and 1-month-old children as measured by Spot Vision Screener