月別アーカイブ: 2016年3月

院長が執筆した論文が、眼科雑誌「臨床眼科」に掲載されました。

昨年開催された第69回日本臨床眼科学会で発表した内容を原著論文にまとめたところ、この度、眼科雑誌「臨床眼科」に掲載されました。タイトルは「原発開放隅角緑内障眼における中心角膜厚と角膜生体力学的特性による眼圧値の補正」です。眼内の圧力である眼圧は眼球壁を介して測定せざるを得ないために、眼球壁の弾性や硬さにより測定が不正確になる可能性があり、その角膜力学的特性を補正した眼圧計が一般診療の場で使用できることとなりました。しかしながら欧米人を対象として開発された同眼圧計は、日本人においてはやや不正確ではないか?ということを示した論文です。掲載されたことにつき、関係各位に深謝申し上げます。 原発開放隅角緑内障眼における中心角膜厚と  角膜生体力学的特性による眼圧値の補正