カテゴリー別アーカイブ: 院長ブログ

院長が執筆した英文論文が発行されました。

眼圧は右眼⇒左眼の順に測定すると左眼圧が低く算出されることが示唆されています。原因は最初の眼圧測定が不慣れであったり、強い目つぶりが生じたり、等、様々な仮説があります。今回、緑内障214例428眼について、右⇒左⇒右⇒左もしくはその逆の順番で眼圧測定を行うと、左右眼にかかわらず、測定順に眼圧が下降し、その眼圧変動の原因として、プロスタグランジン関連薬投与が示唆されました。プロスタグランジン関連薬による眼瞼の変化が、眼圧変動に関係するものと考えました。下記リンクから、当該論文が閲覧できます。 Factors associated with fluctuations in repeated measurements of intraocular pressure using the Goldmann applanation tonometer in Japanese patients with primary open-angle glaucoma.

講演会の座長を務めました

2018年8月29日ニューオータニ長岡において、当院副院長福島と院長八百枝が座長となり、中越眼科疾患講演会が催されました。演者は武蔵境眼科医院副院長、東京医科大学眼科兼任講師であられる村松大弐先生と、東京慈恵会医科大学眼科学講座主任教授中野匡先生のお二人でした。各々、糖尿病黄斑浮腫および緑内障治療につきご講演賜りました。中越地区の眼科医その他30名強が集まる盛会でした。大変勉強になる会となり、関係各位には深く御礼申し上げます。

もうすぐ第二駐車場が完成します。

特に午前中の診療において、駐車場不足で皆様方には大変ご迷惑をおかけしておりましたが、来週には旧医院跡地に第二駐車場が完成します。現在25台の駐車スペースがありますが、13台増えて、計38台収容可能となります。第二駐車場が完成しましたら、改めてご連絡申し上げます。

米国学会発表につき

2018年4月29日~5月3日にホノルルで開催されるThe Association for Research in Vision and Ophthalmologyにおいて、川崎医科大学三木淳司教授が筆頭演者である「Macular choroidal thickness before and after amblyopia treatment in anisometropic amblyopia using swept-source optical coherence tomography」が採択されました。当院院長も共同演者として名前を連ねさせて頂きました。

平成29年度の手術件数

当院における手術件数は以下の通りです。 if白内障手術   522件 硝子体手術   20件 緑内障手術   11件 硝子体内注射  159件 内反症手術   13件 翼状片手術   10件 霰粒腫摘出術  9件 網膜光凝固術  53件 虹彩光凝固術  10件 隅角光凝固術  3件 後発白内障手術 98件

炭酸脱水酵素阻害薬と交感神経β遮断薬の配合点眼液について

緑内障治療薬について、近年異なった眼圧下降作用を有する薬剤を配合した、配合点眼液が実臨床上広く用いられています。炭酸脱水酵素阻害薬と交感神経β遮断薬の配合点眼液には、コソプト配合点眼液とアゾルガ配合懸濁性点眼液があります。本論文では、プロスタグランジン関連薬点眼中の緑内障症例に対し、両点眼液を無作為に追加投与したところ、眼圧下降効果や安全性に大きな違いがなかったと報告しています。本研究は他施設スタディで、当やおえだ眼科も参加させて頂きました。 Additive effects and safety of fixed combination therapy with 1% brinzolamide and 0.5% timolol versus 1% dorzolamide and 0.5% timolol in prostaglandin-treated glaucoma patients.

屈折異常弱視における脈絡膜厚について

弱視は、視力の発達の感受性期に片目または両目に適切な視覚刺激を受け取ることができなかったために視力の発達が止まったり遅れたりすることにより生じます。代表的な弱視として、遠視や乱視により視覚刺激が遮られる屈折異常弱視や、斜視のために視覚刺激が遮られる斜視弱視などがあります。これらの弱視について、弱視眼は反対眼や健常眼とは、見かけ上違いがないのですが、精密に網膜や脈絡膜を観察できる光干渉断層計(optical coherence tomograph; OCT)を用いて精査すると、それらの厚みなどに相違がみられるという報告が近年出てきています。 本論文は最新のOCTを用いて屈折異常弱視眼と斜視弱視眼、健常眼の黄斑部網脈絡膜厚を比較検討したところ、脈絡膜厚について、屈折異常弱視眼は斜視弱視眼または健常眼より有意に厚かったことが分かり、この違いは二つの弱視の病因の相違による可能性が示唆されました。本研究につきましては、院長も微力ながらお手伝いさせて頂き、共同執筆者として名前を入れて頂きました。 Macular retinal and choroidal thickness in unilateral amblyopia using swept-source optical coherence tomography

後頭葉病変による相対的求心性反応欠損につき

相対性求心性瞳孔反応欠損(relative afferent pupillary defect: RAPD)とは、たとえば右眼が視神経症で視力低下していて、左眼が正常の場合、ペンライトの光をを右眼から左へ動かすと左の瞳孔が縮瞳します。そこから右眼にライトを戻すとライトが来た瞬間には右眼は間接反応のため縮瞳しているのですが、ライトの明るさを右眼は感知できないのでライトを照らしているにも関わらず瞳孔がかえって開いてゆくという奇異な逆の反応が見られます。この現象は視神経疾患を鑑別するために、極めて重要な所見です。一方、視神経(視索)に直接関係がない後頭葉病変に伴う同名半盲の症例でこの現象がみられることがあるという報告があります。本論文はRAPDx®という器械を用いてRAPDを客観的に解析したところ、その報告を支持する結果がでたと報告しています。 本研究につきましては、院長も微力ながらお手伝いさせて頂き、共同執筆者として名前を入れて頂きました。 Relative Afferent Pupillary Defects in Homonymous Visual Field Defects Caused by Stroke of the Occipital Lobe Using Pupillometer